投稿

12月, 2020の投稿を表示しています

【社員インタビュー】原動⼒は幼い頃からの想い。「治療⽤アプリ」が患者さんに⾏き渡る世界を⽬指して

イメージ
  幼いころから医療が⾝近な存在にあったという⼩⽻⽥は、CureApp のビジョンに深く共感し⼊社しました。 ⼊社後は、2020年12⽉に保険適⽤となった「ニコチン依存症治療アプリ」など、 治療⽤アプリの処⽅プラットフォーム(APS) を企画開発。現在は事業責任者として新しい治療アプリ®︎の⽴ち上げに奮闘中。 世の中にないものを⽣み出す難しさを感じつつも、幼いころから持ち続けた「 患者さんの⼒になりたい 」という想いを⼤切に、⽇々仕事に向き合っています。 そんな⼩⽻⽥にCureApp での仕事のやりがいや難しさについて聞いてみました。 ⼩⽻⽥諭孝(こはだ ゆたか)  同志社⼤学⽣命医科学部卒業 在学中は医⽤機械⼯学を専攻する傍ら独学でプログラミングを学ぶ。医療関係企業でのフルスタックエンジニアを経てCureApp ⼊社。 エンジニアとして「ascure卒煙プログラム」の開発を担当後、 治療⽤アプリ処⽅プラットフォーム「APS」 を企画開発。現在は事業責任者として新規事業の⽴ち上げも⾏う。 趣味は、最新ガジェットのチェック。睡眠や⼼拍数など⼀⽇の活動を計測できるガジェットOURA RINGも愛⽤中。 医療の世界がいつも身近にあった幼少期 ――学生時代は、医用工学を学ばれたという事ですが、医療に興味をもったきっかけは? 僕は生まれつき斜視で、物心ついたときから定期検査で病院によく通う生活でした。小学生の頃に2 度手術を受け、今はもう良くなっているのですが、実家が医療関係の仕事をしていたこともあり、医療が身近にある環境で育ちました。  また小学生の頃に、車いすの友人が身近にいたこともあり、事故や病気などで日常生活が難しい方の力になりたいという想いが元々ありました。 高校生の頃には、パソコンが好きでパーツ買いして組み立てていたりしたこともあって、医療と機械やIT を組み合わせたような分野に興味があったんです。  なので、大学では、まだできてまもない医用機械工学に進んだのも、自然の流れでした。機械系のロボットを組み立てる実験もする一方で、生物学系の細胞の培養などの実験もしたり。医師や看護士、作業療法士さんの話を聞く授業もあって、多様な勉強ができました。 学生時代には、プログラミングも独学で勉強し、大学卒業後は医療系の人材紹介をメインとする企業に新卒で入社し、エンジニアと

【コラム】各国で急速に承認されるデジタル療法―佐竹晃太の「治療用アプリとデジタル療法がもたらす新たな医療」(3)

イメージ
    『 佐竹晃太が語る治療用アプリとデジタル療法がもたらす新・医療』 と題し、前回は 治療用アプリの特徴や治療効果 ついてお話をさせていただきましたが、今回は 各国で急速に承認されるデジタル療法について各国の開発状況や保険償還事例を交えて解説しております。 海外での治療用アプリ開発の取り組みとは デジタル療法の事例が最初に生み出された米国 各国のデジタル療法の保険償還事例とは 各国で急速に承認されるデジタル療法―佐竹晃太の「治療用アプリとデジタル療法がもたらす新たな医療」(3) https://medicalai.m3.com/news/201118-series-cureapp3 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 過去コラム記事はこちらからご覧ください 急速に進む医療のデジタル化、その課題とソリューションとは―佐竹晃太の「治療用アプリとデジタル療法がもたらす新たな医療」(1) https://medicalai.m3.com/news/201016-series-cureapp1 治療用アプリ、契約から処方までWebブラウザ上で完結―佐竹晃太の「治療用アプリとデジタル療法がもたらす新たな医療」(2) https://medicalai.m3.com/news/201113-series-cureapp2

【NHK】ニュースシブ5時 放映

イメージ
 昨日12月17日  「NHKニュースシブ5時」にて、治療用アプリについて放映されましたのでお知らせさせていただきます。 NHKニュースシブ5時 番組HP https://www.nhk.jp/p/shibu5/ts/X5J7MZMGGY/

【Beyond Health】禁煙治療用アプリの保険適用がもたらす思わぬ効果

イメージ
12月1日に保険収載され、実際に病院にて医師より処方が開始した「CureApp SC ニコチン依存症治療アプリ及びCOチェッカー」について、Beyond Health「禁煙治療用アプリの保険適用がもたらす思わぬ効果」と題し掲載いただきましたので、お知らせさせていただきます。 Beyond Health 禁煙治療用アプリの保険適用がもたらす思わぬ効果 https://project.nikkeibp.co.jp/behealth/atcl/feature/00010/121000052/?P=1 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------ 治療アプリの世界観を知りたい方はこちら: https://cureapp.com/   承認を取得した治療アプリCureApp SCについて知りたい方はこちら(医療関係者のみ): https://sc.cureapp.com/d/

【社員インタビュー】管理栄養士の資格を活かせるフルリモートワークと子育てを両立、CureAppに入社して実現した理想の働き方とは

イメージ
  管理栄養士として、8年間に渡って特定保健指導に携わってきた高橋。 子育てと仕事の両立を目指していましたが、第2子を出産後に限界を感じて前職を退職しました。 そこで子育てと仕事を両立させやすい、在宅での仕事を探していたところ、完全な在宅勤務で働くことができるCureApp に出会い入社。法人向けモバイルヘルスプログラム「ascure卒煙プログラム」の在宅指導員として、禁煙指導に奮闘しています。 子育てと仕事の両立はできているのか?在宅で働くことのメリット、CureAppで働く中で感じていることなどをお届けします。 高橋知子(たかはし ともこ)  管理栄養士として保険会社のグループ企業に8年間勤務した後、CureAppに入社。 法人向けモバイルヘルスプログラム「ascure 卒煙プログラム」の在宅指導員として、参加者の禁煙指導などを担当する。 子育てをしながら管理栄養士の資格も活かしたい −−CureApp に入社したきっかけを教えてください 大学卒業後に歯科医院に入職し1年間、受付業務に携わり、その後、保険会社のグループ企業に転職し、8年間勤務しました。私は管理栄養士の資格を持っているので、主に特定保健指導に携わっていました。 現在、私には6 歳と3 歳の子供がいますが、前の会社では部署の仲間がフォローしてくれたこともあり、2回とも産休をとることができました。ただ、2人目を出産してからは育児の負担が増し、仕事に復帰したときに子育てとの両立が難しいと痛感しました。 そこでの勤務を継続するか、悩んだ結果、退職することになりました。そうした経緯から、次の職場は時間に融通が効く職場で子育てと仕事の両立を実現したいと思い、在宅でできる仕事を探しました。 管理栄養士資格を活かせる仕事を望んでいたので、インターネットで「管理栄養士、在宅」と検索したところCureAppに辿り着きました。最も興味を持ったのはCureApp SCの開発などの事業内容です。前職でも特定保健指導の中で禁煙指導をしていたこともあり、「アプリで禁煙指導?」と好奇心をくすぐられ、2019年11月に入社しました。 −−CureApp での業務内容を教えてください 法人向けモバイルヘルスプログラム「ascure 卒煙プログラム」の在宅指導員として勤務しています。 月曜日から金曜日までの週5日、在宅でオンライン面談

【日経新聞】新社会を築くスタートアップとは 日本の論点2021

イメージ
日本経済新聞「 新社会を築くスタートアップとは 日本の論点2021 」にて日本の医療界にとって節目といえる出来事としてニコチン依存症治療アプリCureApp SC の製造販売承認(薬事承認)取得について掲載いただきましたのでお知らせさせていただきます。 日経新聞 新社会を築くスタートアップとは 日本の論点2021 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO66681910W0A121C2000000?unlock=1 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------ 治療アプリの世界観を知りたい方はこちら: https://cureapp.com/   承認を取得した治療アプリCureApp SCについて知りたい方はこちら(医療関係者のみ): https://sc.cureapp.com/d/

【日経メディカル】「薬、手術、アプリ」が治療の3本柱になる

イメージ
  インタビュー◎日本初の治療用アプリが発売 「薬、手術、アプリ」が治療の3本柱になる ~CureApp社長の佐竹晃太氏に聞く~ と題し、日経メディカルに弊社代表佐竹のインタビューが公開されましたのでお知らせさせていただきます。是非ご覧ください。 日経バイオテク 「薬、手術、アプリ」が治療の3本柱になる https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/t359/202012/567992.html

世界初のニコチン依存症治療アプリ「CureApp SC」 本日12月1日より販売開始 保険適用で「医師によるアプリの処方」始まる

イメージ
世界初のニコチン依存症治療アプリ「CureApp SC」 本日12月1日より販売開始 保険適用で「医師によるアプリの処方」始まる  株式会社CureApp(本社:東京都中央区 代表取締役社長兼医師:佐竹 晃太)は、ニコチン依存症を対象とした治療用アプリである「CureApp SC ニコチン依存症治療アプリ及びCOチェッカー」(以下,CureApp SC)が、本日2020年12月1日に薬価収載され保険適用の対象機器となり、販売を開始いたしましたことをお知らせします。 ※当製品は禁煙外来で医師の診断のもと処方され、患者様にご使用いただく医療機器です。 本製品は、2020年8月に薬事承認を得て、本日2020年12月1日に保険収載されました。治療用アプリ・デジタル療法の保険収載は国内で初めての事例となり、禁煙治療領域に限っては世界でも初となります。  医療機関の禁煙外来にてニコチン依存症と診断された患者様に医師が「CureApp SC」を処方した場合、患者様は保険適用で(3割負担など)本製品をご利用いただけます。本製品は、いつも身近にあるというスマートフォンの特性を活かし、ニコチン依存症における心理的依存にアプローチしていきます。診療以外の時間にも患者様の禁煙継続のために医学的に正しい介入を行い、約600名を対象とした治験(臨床試験)でも効果が認められています。  なお、本製品の保険点数は準用技術料として「在宅療養指導管理料のC110-2の注2 導入期加算を準用して算定 140点(1,400円)」と「在宅療養指導管理材料加算のC167を準用(4回分)して算定 2400点(24,000円)」が算定され、合計で2540点(25,400円)となります。 CureApp SCの医療機関向けサイト https://sc.cureapp.com/d CureApp SCについて  CureApp SCは、禁煙外来で治療を受ける患者様の院外での治療補助をするために医師から処方される医療機器です。本製品は患者アプリ・医師アプリ・COチェッカーの3つから成り立ちます。  患者アプリは常に患者様の側にあるスマートフォンの特性をいかし、個々の患者様の治療状況や体調などに合わせて個別化したガイダンスを適時提供します。在宅や勤務中など医療者の介入が難しい「治療空白」期間をアプリが支援することで、禁煙